4-18 定期的な更新(ブログ型)


これまで「ホームページは少しずつ育てていくものだ」ということを何度かお伝えしました。

ホームページのページ数を少しずつ増やすことで、検索順位を上げること、そしてお客さまに信頼していただくための材料を増やすことが目的です。

一方で、ページ数を増やすにも限界があります。サービスの詳細ページ(カウンセリング、ショッピング同行、セミナーなど・・・)を独立して設ける、これくらいしか方法はありません。

そうなると最大でも15ページ前後が限界となります。これではまったくページ数が足りません。

そこで検討してもらいたいのが「サイト内ブログ」です。

サイト内ブログとは?


サイト内ブログとは、ホームページの中にあなたのブログを展開することを指します。

アメブロやラインブログのような他社のプラットフォームを利用するのではなく、自前でブログを運営することになります。実はワードプレスは、このような自前ブログを運営するのに非常に向いているツールです。


左の黒いバーの中から、「投稿」にカーソルを合わせると「新規追加」というボタンが出てくるので、そちらをクリックします。あとは固定ページを書くのとまったく同じです。

こちらに記事を書いていくと、ブログを書く度にあなたのホームページのページ数が増えていきます。つまりどんどんあなたのホームページが育っていくことになります。

多くの起業家はこのような「自社ブログ」を活用しています。

アメブロから自社ブログへ



一方で「ブログはアメブロから始めよう」というお話もしました。

アメブロの良いところは、横の繋がりを作りやすいため、初期の段階でもアクセスを増やしやすいところです。一方でデメリットは、どんなにアメブロ内でブログを書き続けても、あなたのホームページが直接的に育つことはありません。

一方でワードプレスにもデメリットはあります。ワードプレスにはアメブロのようなコミニティ機能がありません。そのため、初期の段階ではなかなかアクセスを上げづらいのです。

そこで理想的なのは、初期はアメブロで始めて、途中からホームページ内のブログ(ワードプレス型)へ移行する方法です。

僕もそのような形式を取りました。最初はアメブロでひたすら読者登録(現:フォロー)をすることで横の繋がりを作り、アメブロ界隈ではそれなりに多くの人に読んでもらえるようになりました。そこから自社ブログへと移行しました。

▼アメブロ時代(過去)
https://ameblo.jp/4colors-blog/

▼ホームページ内のブログ(現在)
https://4colors-ps.com/blog/

独立から2〜3年で引っ越すイメージを


独立当初の段階ではそこまで重要ではないかもしれませんが、「ブログはまずはアメブロから始めて、人気が出てきたら自社サイト内へ移す」というイメージだけはしっかりと持つようにしてください。

目安としては、独立から2〜3年で引っ越しができると良いでしょう。

1日のアクセスが300名を超えていれば、自社サイトに引っ越しても、あなたのファンは必ず見てくれるはずです。ぜひ覚えておいてください。


→次のページへ