2-11 無料サービス提供



「無料でスタイリングを提供する」

これはぜひ試して頂きたい、とても効果的な集客方法です。

独立してしばらくの間は、なかなかお客さまからのご依頼を頂けない時期が続きます。それではいつまで経ってもあなたのスタイリング技術は磨かれません。

スタイリング技術というのは、ロールプレイングでいくら練習を積んだとしても上達するものではありません。実際のサービス提供を通してでしか上達することはできません。

独立当初の暇な時期にこそ、無料サービス提供を通して、実際のスタイリングをたくさん経験しておくことが大切です。

直接営業で提案してみる


とは言っても、どのように無料でサービス提供をする人を探せばいいのでしょうか?

まずはあなたの身近な人、ご家族や友人に声を掛けてください。「今度スタイリストとして独立をするのだけど、良かったら無料でサービスを提供させてもらえませんか?」このように話してみてください。

きっと喜んで受けてくれる人がいるはずです。まずは自分の知人から満足させることから始めてください。

ホームページ素材を集めておく




無料でサービスを提供する際には、必ず以下の2つを集めるようにしてください。

■お客さまの感想
■ビフォーアフター写真


今後、ホームページを作る際にこれらの素材はとても需要になります。のちほど改めて説明をしますが、このような素材は無料でサービスを提供した時にこそ手に入れるチャンスです。

無料サービスを提供する前に、事前に許可を取っておくと良いでしょう。

直接営業で提案する


知人への無料サービス提供はどんなに友達が多い人でも、せいぜい3〜5人くらいが限界だと思います。それではまだ経験数としては圧倒的に足りません。

そこで、異業種交流会やセミナーなどで知り合った人に「お試しスタイリングをご提供しているのですが、良かったら受けてみませんか?」と提案してください。

10人に声を掛ければ、2〜3人は良い反応が返ってくるはずです。

知人と他人をスタイリングするのはまったくの別物です。よりリアルなスタイリングを経験することで、あなたのスキルはどんどん磨かれていくはずです。

口コミが広がっていく




無料でサービス提供をして、実際にお客さまがおしゃれになったとします。

するとそこから口コミが発生します。

「◯◯さんという人にコーディネートしてもらった」
「すごい良かった」
「あなたもやってもらった方がいいよ」

無料でサービス提供した人が勝手に周囲に宣伝してくれます。

もちろん紹介された案件に関してはお金をしっかりと頂いてください。

無料でスタイリング提供をすることで、自分のスキルアップにも繋がり、紹介を生み出すこともできます。まさに一石二鳥ですね。あなたもぜひサービスの無料提供を取り入れてみてください。

戦略的に集客する




せっかく無料でサービス提供するからには、できれば一般人よりも、それなりに活躍されている方を選んだ方が良いでしょう。

著名な経営者や専門家の方に声を掛けてみてください。ここでも役に立つのがフェイスブックです。

フェイスブックの中で影響力がありそうな人、経営者、専門家などを見つけます。なるべくファッションがイマイチそうな人を選ぶと良いですね。その人にダイレクトメッセージを送ります。

「私はスタイリストとして活動している大山と申します。◯◯さんのご活動を日頃から見て、応援しています。何か私でお力になれることはないかと思い、ご連絡しました。よろしければ、◯◯さんのコーディネートを担当させていただけませんでしょうか? もちろん代金は要りません。もしご興味がありましたら、ご返信お待ちしています」

このようなメッセージを送ります。すると、10〜20名に一人は良い反応が返ってくるはずです。

もし影響力のある人をスタイリングできたとしたら、そこから一気に紹介が広がります。そして人との繋がりも広がります。

最初は勇気が必要ですが、トライしてみる価値は十分にあります。ぜひ試してみて下さい。

無料サービス提供から人の繋がり


僕も独立2年目の頃から、たくさんの無料スタイリングを提供してきました。その繋がりから、師匠と呼べるような人にも出会えましたし、出版のご縁もいただくことができました。

もし僕が無料スタイリングを行っていなかったら、今頃パーソナルスタイリストを辞めていたかもしれません。あなたもぜひ無料でサービスを提供してみてください。

■スキルを磨くことができる
■お客さまの声、ビフォーアフター事例を集められる
■紹介で案件を受注することができる
■人との繋がりが広がる


無料サービス提供にはこんなにたくさんのメリットがあります。やらない手はありません。

僕は今でも時間ができれば無料サービス提供を行っています。あなたもぜひ積極的に行ってみて下さい。

→次のページへ