2-6 Youtube



Youtubeと言えば、もう説明する必要がないほど、一般的なWEBメディアとなりました。みなさんも1日に数分はYoutubeで動画を見ているかもしれません。

Youtubeでおもしろい動画を見る。趣味の動画を見る。このような娯楽的な使い方をしている場合がほとんどかと思います。

一方でビジネスの世界でもYouTubeを積極的に活用していこうという流れが、昨年から少しずつ強くなってきています。



たとえばこちらの整体師さんを見てください。「腰痛によく効くストレッチ」を紹介する動画は80万回を越える再生回数となっています。ユーチューバー顔負けの人気を誇っています。

ユーチューバーとは?


ちなみに、ユーチューバーとはどのような人なのかについて、改めて解説しておきたいと思います。

ユーチューバーとは動画による広告収入で生計を立てる人のことを指しています。

まずユーチューバーはおもしろい動画や役立つ動画をアップします。その動画が再生されるごとに、動画に広告が表示されます。その広告がクリックされることで、ユーチューバーはグーグルから広告費を受け取ります。

その広告費で生計を立てているのがユーチューバーです。



国内で有名なユーチューバーと言えばヒカキンさんやはじめしゃちょーさんが挙げられます。

彼らはこの広告収入だけで年に数億円稼いでいます。動画の広告収入以外にもテレビ出演や企業の広告塔など、様々な仕事の依頼が来ます。トータルでの収益は僕たちの想像を遥かに越えるものになります。

おもしろい動画を撮って年に数億円稼げるのですから、多くの若い人たちが目指すのもよく分かります。

ですが、ユーチューバーとしての広告収入だけで生計を立てるのは、ものすごく難易度が高いです。おそらく、パーソナルスタイリストとして年収1,000万円稼ぐことの10倍以上難しいです。

YouTuberは激務中の激務


既に人気のユーチューバーはたくさん存在します。彼らは毎日動画を撮影して、編集して、アップした動画を徹底的に研究して、次の撮影に活かすということを常に繰り返しています。寝る間を惜しんで自分のチャンネルを育てています。

正直、並大抵の努力ではYouTuberとして収益を上げることはできません。この仕事に情熱を感じ、とことん時間と労力を注ぎ込むくらいの覚悟がないと、成功するのは難しいです。

ちなみに僕自身もYouTubeチャンネルを持っており、そこには1万人近いチャンネル登録者がいます。パーソナルスタイリストの中ではおそらく上位に入るかと思います。

僕も試しにYouTube広告でどれくらい収益が出るのか実験をしてみたのですが、月に3〜5万円程度でした。月に30〜40万円稼げるようになるためにはまだまだ程遠いです。

ちなみにここまでチャンネルを育てるまでに動画を100本近く撮影しました。それなりに時間と労力を掛けています。

もちろん副業としては悪くないですが、YouTuberを本業にするのはかなりハードルが高いということを覚えておいてください。(※それでもYouTuberを目指す方のために、後半に記事を用意しています)

サービスの入り口としてYouTubeを活用する




僕たちがやるべきなのは、YouTubeで広告費を稼ぐことではありません。

僕たちの存在やサービスの認知度を高め、最終的にサービスを受けていただくために、最初のきっかけとしてYouTubeを活用していくことが大切です。

先程ご紹介した整体師さんの動画も同じ目的で作られています。

腰痛にお悩みの人に向けて動画を作ります。すると動画を見た人の中から、「この人に治療してもらいたい!」という人が必ず出てきます。動画はあくまでサービスの入り口となっています。

YouTubeはまだまだブルー・オーシャンです。スタイリストの中でも積極的に動画を集客に活用している人は本当に少ないです。そんな中、役立つファッション動画をコツコツとアップしてくことで、確実に視聴回数を増やすことはできます。

大山 旬の例




ちなみに僕の動画でもっとも人気があるのが、「ユニクロで買っていい服、だめな服」というものです。

このようにスタイリストが分かりやすくファッションを解説することで、見てくれる人が増える→ファンが増える→その中から一定数は「この人のスタイリングを受けてみたいな」という人が出てきます。

ビジネスの場面でYouTubeを活用していくという流れは今後ますます強まります。なるべく早いうちに始めてしっかりとポジションを取っておくと良いでしょう。

YouTubeで何を発信すればいいのか?




いざYouTubeを始めようと思っても、そもそも何を撮ればいいか迷ってしまう人も少なくないかもしれません。YouTubeの動画のネタというのは、基本的にブログのネタの考え方とまったく同じです。

まずはファッションが苦手な人を想像してください。

彼らがどんなことで悩んでいるのかを考えてみるのです。そうすると、「背が低い人がファッションで気を付けるポイント」や「人気のサコッシュの使い方解説」など、様々なネタを考えることができます。

僕はiPhoneのメモ帳に動画のネタになりそうなアイディアを書き込むようにしています。机ににらめっこしても、良いネタが思い浮かぶわけではありません。常日頃からネタを考え、思いついたらメモする習慣を付けてください。

動画制作はあまりこだわりすぎないことが大切


ちなみにブログのネタもそうですが、既に他の人が同じようなテーマについて語っていたとしても、まったく問題ありません。

「世界に1つだけの完全オリジナルの動画」なんてものは存在しません。既に色々な人が語っている場合がほとんどです。それでもあなたが発信することに意義があります。

動画1本あたりの長さは3〜5分程度で構いません。あまり長すぎても視聴者は飽きてしまいます。10分以内に抑えるのがポイントです。

そして動画の内容もあまり凝りすぎることはありません。僕の動画だって、そんな大したことは言っていません。それでも見てくれる人や喜んでくれる人はいます。ファッションが苦手な人になるべく分かりやすく伝えることが何よりも大切です。

まずは1本でもいいので動画を撮ってアップしましょう。最初の1本さえクリアできれば、その後はスムーズに進めることができるはずです。

どのような機材で撮影するべきなのか?




ちなみにYouTubeの撮影はどんな機材で行えばいいのでしょうか。高価なビデオカメラは必要なのでしょうか?

まずは手持ちのスマホで十分です。最近のスマホの画質はそれなりに良いので、手軽に撮影できるスマホを徹底的に活用していきましょう。

正直、画質は良いに越したことはないです。でも高い機材を用意して、手間を掛けて撮影するよりも、なるべく簡単な機材でサクッと撮影する。これをなるべく毎日コツコツと続けていくことの方が大切です。



ちなみにこちらの「婚活スタイリストJURIさん」もYouTubeをビジネスに有効活用しています。かなりの再生回数がありますが、動画自体はとてもシンプルです。

スマホで撮影しているので、画質もそこまで良くないですし、しかもテロップもなし。編集はほとんどしていません。それでも毎日配信することで、一定のファンを獲得しています。これこそが私たちが目指すべきYouTubeの活用方法だと思います。

撮影機材はあえて凝らずに、シンプルに撮影を行ってください。

唯一、三脚だけは用意しておくと良いでしょう。スマホを固定して動画を撮るだけで、一定のクオリティには見えます。以下、おすすめの三脚をご紹介します。こちらを用意して撮影に臨んでみてください。



大切なのは質より量です


大切なのは質よりも量です。とにかく毎日アップする。1週間に1本でもいいのでアップする。これを1年でも続けることができたら、パーソナルスタイリストとしてのあなたの知名度を大きく高めることができます。

大切なのは継続です。ブログ、フェイスブック、YouTube、この3つを毎日積み重ねることができたら、すごいスピードであなたの認知度が高まっていきます。ぜひ楽しみながら、これらの発信を行ってみてください。

→次のページへ