5-1 サービスの大枠を理解する



パーソナルスタイリストとして独立。自分らしい独自のコンセプトを作り上げて、ホームページも丁寧に作り込んだ。ブログ・フェイスブック・ツイッター・そしてリアル集客にも地道に取り組み続けた。

そしてついに迎えた、お客さまからの念願の初依頼・・・

ここまで来て、ようやくお客さまにサービスを提供することができます。長い道のりでしたね。本当におつかれさまでした。でもここからが本当のスタートです。お客さまに最高のサービスをお届けすることで、満足してもらう必要があります。

これまでに学んできたのは、たくさんのスタイリストの中から、お客さまに選んでもらうための「集客方法」でした。ここからは違います。お客さまにどのようにクオリティの高いスタイリングを提供するのかという、「サービス提供の方法」について学んでいきます。

「お客さまに満足してもらえるようなサービス提供ができるだろうか・・・」

このように不安を抱えている人も少なくないかと思います。でも安心してください。

あなたはここまで来るまでに、既にたくさんのスタイリングを経験していると思います。集客活動において、「無料でサービスを提供する」というのは必須項目だからです。

座学で学ぶよりも、実践する方が何倍にも深い学びになります。無料のサービス提供を何度も行うことで、実際の有料のサービスも自信を持って提供することができます

これからもチャンスさえあればどんどん無料でサービス提供をしてください。僕自身、独立して10年を越えた今でも、サービスの無料提供をすることがあります。そしてそこから大きなチャンスに繋がることも少なくありません。

常に実践の中から技術を磨くということを忘れないでください。

スタイリスト業のサービス一覧


まずは私たちがご提供するサービスにはどのような種類があるのか、全体像から確認していきましょう。

①個別カウンセリング
②ショッピング同行
③メール相談
④クローゼット診断
⑤美容室同行
⑥プロフィール写真撮影のプロデュース

このように多種多様なサービスがあります。本当に自分にできるだろうか・・・そう不安に感じる方もいるかもしれません。

でも安心してください。「ファッション雑誌に出てくるような、バリバリのおしゃれになりたい」というお客さまは一人も存在しません。僕の10年間の活動の中でも、そのようなお客さまには一人も出会いませんでした。

では、「おしゃれが苦手」「おしゃれにコンプレックスを抱えている」このようなお客さまは、どのようなファッションに変わりたいのでしょうか?

お客さまは何を求めているのか?




お客さまが求めているのは、「ダサくないファッション」であり、「自然体のファッション」です。そして「自分らしさが感じられるファッション」です。つまりにそこまでおしゃれ過ぎるファッションは誰も臨んでいません

だからこそ、あなた自身が抜群のファッションセンスを持っている必要はありません。もちろんセンスはどんどん磨いてくべきですが、必須項目ではないのです。

むしろお客さまをおしゃれにしすぎてしまうと、自分自身の気持ちがそこに付いていけないので、結局気恥ずかしくて元のファッションに戻ってしまいます。それでは本末転倒ですよね。

あくまで大切なのは、「お客さまが理解できる範囲内の”おしゃれなファッション”を提案すること」です。そんなにハイセンスなコーディネートを行う必要はありませんので、その点は安心してください。

それよりも大切なのは、お客さまの気持ちをしっかりと汲み取ることです。お客さまはどうなりたいのか。ファッションを変えることで、どういう変化を求めているのか。ここをしっかりとヒアリングすることが大切なのです。

パーソナルスタイリストはコミュニケーションの仕事です。まずはこれをしっかりと理解しておいてください。

次のページから具体的なサービスの方法ついて解説したいと思います。

→次のページへ